ひまり歯科は、兵庫県加古川市野口町の歯科医院です/虫歯治療、小児歯科、矯正歯科、審美歯科、無痛治療、インプラント

ひまり歯科

ネット診療ご予約
診療時間

安心の

花粉症・喘息・アレルギーでお困りの方

  • 歯科(虫歯治療
  • 歯科(歯周病)
  • 歯科(入れ歯)
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 口腔外科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • 歯周内科
  • 矯正歯科
  • 歯科と花粉症のリスク

ひまり歯科
兵庫県加古川市野口町水足231-1
【診療科目】
 一般歯科/小児歯科
 矯正歯科/審美歯科


アブフラクション

こんにちは、ひまり歯科の高倉です。

今日は『アブフラクション』について見ていこうと思います。

アブフラクションとは、歯の頭と根っこの境目の、くびれたところがへこんでしまっていることをいいます。

歯が、歯以外の、例えば歯ブラシなどが強く当たることによって少しずつ削れていき、へこみができる状態です。

長い間、これは歯磨きの時の力が強いことが原因とされていましたが、
噛む力も大きく影響しているようです。

つまり、強く噛んだり異常な噛み方をすることによって、
歯のくびれの部分に力が集中してしまい、歯の表面の象牙質やエナメル質が破壊されてしまい、へこみができてしまうと考えられています。

難しい言葉でいうと、
『生体力学的な荷重により生じた歯の硬組織の病的な喪失』
と定義されています。

アブフラクションと診断された場合には、そのへこんでしまった部分を埋めるだけでなく、
そのへこみができた原因を取り除かなければなりません。

例えば、歯ブラシを当てる力が強すぎるのであれば歯ブラシの当てる力を弱めたり、
噛み合わせで強く当たっているところがあるのであれば、その当たりを均等になるように調整すること
などが必要です。

まとめると、アブフラクションとは歯ブラシの圧が強すぎたり、噛む力が集中してしまったりすることによって、歯のくびれている部分が欠けてしまうことです。

そしてその治療は、原因を取り除き、欠けたところを埋めることです。

長々とお付き合いくださり、ありがとうございます。

今回はここで失礼します。

 

加古川市の歯科医院(歯医者)ひまり歯科/虫歯治療、小児歯科、口腔外科、審美歯科、インプラント、無痛治療


bg