ひまり歯科は、兵庫県加古川市野口町の歯科医院です/虫歯治療、小児歯科、矯正歯科、審美歯科、無痛治療、インプラント

ひまり歯科

ネット診療ご予約
診療時間

安心の

花粉症・喘息・アレルギーでお困りの方

  • 歯科(虫歯治療
  • 歯科(歯周病)
  • 歯科(入れ歯)
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 口腔外科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • 歯周内科
  • 矯正歯科
  • 歯科と花粉症のリスク

ひまり歯科
兵庫県加古川市野口町水足231-1
【診療科目】
 一般歯科/小児歯科
 矯正歯科/審美歯科


咬耗症

こんにちは、ひまり歯科の高倉です。

今日は前回と似たテーマで、咬耗症について見ていきます。

ムシ歯ではないけれども歯が削れてしまう、
という点では同じですが、削れてしまう原因や場所が異なっていますので、比較してみるとわかりやすいかもしれません。

上の歯と下の歯が当たったり、
食べ物を噛んだりするときに、
当たっている歯が削れてしまうことを咬耗といいます。

これは一日二日で起きることではなく、長い年月をかけて起こります。

噛む力が大きかったり、
歯ぎしりしたり、
歯を食いしばったり、
硬い物を好んで食べ続けたり、
いろいろ重なって起きます。

長い年月かけて起こるので、若い方よりもご高齢の方に多く、
また女性よりも噛む力が強い男性に多くみられ、削れている量も多いです。

放っておくと、
噛み合わせが低くなってしまったり、
食べ物が歯と歯の間につまりやすくなったりします。

噛み合わせの部分が削れることによって歯が尖ってしまった場合は歯の形を治すこともあります。

また、噛み合わせが歯科医師の目に見えて低くなってしまったり、それによって障害が起きている場合は、詰め物や被せものなどによってもとの高さに戻す治療をすることもあります。

長々とお付き合いくださり、ありがとうございます。

次回もアブフラクションや咬耗症に少し似たものに触れてみようと思います。

失礼します。

 

加古川市の歯科医院(歯医者)ひまり歯科/虫歯治療、小児歯科、口腔外科、審美歯科、インプラント、無痛治療


bg