ひまり歯科は、兵庫県加古川市野口町の歯科医院です/虫歯治療、小児歯科、矯正歯科、審美歯科、無痛治療、インプラント

ひまり歯科

ネット診療ご予約
診療時間

安心の

花粉症・喘息・アレルギーでお困りの方

  • 歯科(虫歯治療
  • 歯科(歯周病)
  • 歯科(入れ歯)
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 口腔外科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • 歯周内科
  • 矯正歯科
  • 歯科と花粉症のリスク

ひまり歯科
兵庫県加古川市野口町水足231-1
【診療科目】
 一般歯科/小児歯科
 矯正歯科/審美歯科


歯周病の局所性修飾因子

こんにちは、ひまり歯科の高倉です。

今回は歯周病を悪化させる因子について、局所的なものと全身的なものにわけてみていこうと思います。

局所的なものとしては、

歯石、
不適合な修復物や補綴物、
義歯や矯正装着用、
歯列不正、
歯の形態異常、
口呼吸、
口腔軟組織の形態異常、
歯ぎしり

等があげられます。

歯石とは、歯に付いたプラーク(細菌の塊)が石灰化して固まったものです。

歯石自体は病原性はないとされていますが、歯石が付いていると歯の表面がざらざらになり、細菌も細菌の栄養もたまりやすくなるので
結果的に歯周組織に炎症を起きやすくなります。

歯石は唾液や歯茎から出る滲出液が元となっているので、唾液の出る下の前歯の裏側や上の奥歯のほっぺた側によく付きます。

dsc_0043

また、不適合な修復物や補綴物、義歯や矯正装着、歯列不正などは、
歯磨きがしにくかったり、磨き残しがあったりするため、プラークが蓄積して歯周病を悪化させます。

お鼻で呼吸できないなどでお口で呼吸する口呼吸は、
お口の中が乾燥して組織の抵抗力がさがってしまったり、
唾液によって流れるはずだった汚れが流されずに歯に付いたままになるため、
歯茎が赤くなったり腫れたりします。

歯ぎしりしたり食いしばるくせがあると、歯に異常な力が加わり、歯周組織が破壊されます。

全身的なものについてはまた次回みていこうと思います。

長くなりましたが最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

失礼します。

参考文献
ザ・ペリオドントロジー 第1版(永末書店)

 

加古川市の歯科医院(歯医者)ひまり歯科/虫歯治療、小児歯科、口腔外科、審美歯科、インプラント、無痛治療


bg